いただきます!vol.2 大橋正人(映像プロデューサー)

昨日のトウモロコシ祭りに参加してくださった、大橋さんがコメントを書いてくれました。
僕たちがやろうとしていること(でも、まだまだ手が回らないことも含めて)を、こんなに美しく表現してくれて、とても感激しました。ぜひ、読んでみてください。

Weekend farmers「トウモロコシ祭り 真夏の収穫編」。
僕は種植えには参加出来なかったけど収穫は参加。初めての土地で初めての栽培だったので、どうなる事かと思ったが小粒ながら、捥いで食べる分には十分。捥いで直ぐのトウモロコシを食べて美味しいとビックリしたり、それを茹でて、熱いのに待ち切れず思わず頬ばる子供達。口に入った瞬間に思わず「甘〜い!」の声。僕自身も初めて捥ぎたてのトウモロコシを生で齧ったり、お湯で茹でたトウモロコシがこんなに甘いと思っていなかった。次のシーズンには子供達を中心としてトウモロコシの畝を作り、管理し皆んなで味わえたら、きっとみんなで新しい食べ物の作り方や食べ方が発見出来て愉しそう^^
全てが管理されていて、予定通りに食べる物が作る事を知る事も大時だが、草ボーボーの畑の草刈から始めて、土を均し、種を植え、育って行く行程を見て、周りの雑草を抜いてみたり、色んな試行錯誤から自分達が美味しく食べられるモノが作られて行く行程を体感や食感が出来るのは彼ら彼女らにとって素晴らしいモノを作って行く行程を実際にやってみて、それを食べる味覚の経験の蓄積が出来る事はホント羨ましい。オイちゃん、あと40年位前の自分で畑に居たかったなぁ、。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。